2012年4月26日木曜日

プーヒンロンクラー国立公園6



ここまで引っばってきましたが、これで最終回とします。


タイ国旗を見て、しばらく歩くと、

R0013566
R0013566 posted by (C)barajun

ありました。


着きました。


























IMG_6084
IMG_6084 posted by (C)barajun


R0013567
R0013567 posted by (C)barajun

R0013572
R0013572 posted by (C)barajun

R0013573
R0013573 posted by (C)barajun

IMG_6086
IMG_6086 posted by (C)barajun



絶景?








写真だと迫力ないのですが、岩の先は断崖絶壁です。

高所恐怖症の方は端まで行けないと思います。それぐらい怖い。

そして、そこから見渡す景色。たまんないです。


もう一回見ておきますか。


IMG_6085
IMG_6085 posted by (C)barajun


ひょえ〜、落ちたらどうなるの?


ハイ、ピサヌローク県の隠れスポットでした。


ピサヌロークの町中から路線バスやソンテウでも行けると思いますが、
レンタカーや車をチャーターしたほうが便利だと思います。


場所は下の地図のB地点付近です。

ดูแผนที่ขนาดใหญ่ขึ้น






2012年4月25日水曜日

プーヒンロンクラー国立公園5



ようやく絶景ポイントの入り口にたどり着きました。


こんなところを歩いて行きます。

R0013534
R0013534 posted by (C)barajun

R0013544
R0013544 posted by (C)barajun

R0013545
R0013545 posted by (C)barajun

そうこうしてると、1つ目のビューポイント。

R0013551
R0013551 posted by (C)barajun

崖っぷちにタイの国旗です。

違う角度からも撮影。

まずは、Ricoh GR DIGITAL IIIで。

R0013561
R0013561 posted by (C)barajun



それから、Canon EOS Kiss X3で。

IMG_6074
IMG_6074 posted by (C)barajun

IMG_6076
IMG_6076 posted by (C)barajun

IMG_6071
IMG_6071 posted by (C)barajun



こんなおばかな写真も撮りました。

R0013549
R0013549 posted by (C)barajun

写真が多いので、次回(最終回)に続く。


2012年4月24日火曜日

プーヒンロンクラー国立公園4



お目当ての滝を探し、来た道を戻り、30分ぐらい走ったでしょうか、ありました。
滝が。

でも、なんかひっそりしてるなあ。

車を降りて、管理人らしき人に滝の場所を訊くと、

「この時期は水がほとんどないよ」


じゃ、行ってもしょうがないやと、滝見物はまたの機会とし、
キャンセルしました。


で、ようやく絶景ポイントに行くことにしました。

当日一番最初に行った奇石のある所のちょっと手前まで
引き返しました。

2012年4月23日月曜日

プーヒンロンクラー国立公園3



絶景にたどり着けなかった私たち。

国立公園の区域をさらに奥に進むことにしました。

で、車で5分ぐらい行ったところに、

ありました。入り口は。

なんだ、こんな近くにあったのか。


でも、何やら公園内には滝があるらしいってことで、
そっちに先に行くことに。

さらに車で20分ぐらい。

道が2車線から、1車線に。そして、道は狭くなり
何やら村落の中へ入って行きます。


また、道に迷ったか。
そう思ったとき、目の前にきれいな花が。

R0013518
R0013518 posted by (C)barajun

さらに進むと村がありました。

車を降りて、そこの人の話す声を聞きました。

「あ、タイ語じゃない」

近くにあった看板を見ると、どうやら山岳民族の村のようです。

R0013520
R0013520 posted by (C)barajun

R0013522
R0013522 posted by (C)barajun

なんか異国に紛れ込んだような感じになりました。

しばし、写真撮影。

R0013521
R0013521 posted by (C)barajun

R0013525
R0013525 posted by (C)barajun

R0013527
R0013527 posted by (C)barajun

道に迷って得した気分になりました。


2012年4月22日日曜日

プーヒンロンクラー国立公園2

IMG_6024
IMG_6024 posted by (C)barajun

たしかに景色はいいけど、ここはあの絶景スポットじゃない!

入り口は違うところにあるんだ。


私たちは来た道を戻りました。

しかし、途中で順路の看板を見失い、元に戻れなくなってしまいました。

見通しはいいので帰る方向は分かっています。でも見渡すばかりの奇石。

R0013506
R0013506 posted by (C)barajun

所々、岩と岩の間に大きな裂け目があって、飛び越えることも不可能。

焦りました。


でも、なんとか迷いながら正しい道に戻ることができ、
スタート地点まで帰ってこれました。


教訓
「ここを歩くときは、焦らず朽ちかけた順路の看板を確認しながら進むべし。」

2012年4月21日土曜日

プーヒンロンクラー国立公園1



1月の中旬、友達がピサヌロークに遊びにきました。ピサヌロークで日本人があまり知らなくて、いい所はどこかなと考えたところ、ここしかないなと思い、出かけました。

プーヒンロンクラー国立公園

私自身、行くのは約10年ぶり。地図で行き方を調べてマイカーで出発。町中からおよそ2時間で到着。

前回行ったときは、知り合いに連れて行ってもらいましたが、そのときの誘い文句は「ピサヌロークにこんなところがあったとは…。まさに絶景!」

とにかく国立公園にはたどりついたものの、とても広く、その絶景スポットの入り口はもう忘れていました。

ま、いいか。とりあえず近いところからあたって行くか。

ここから、入って行きました。

IMG_6007
IMG_6007 posted by (C)barajun

ここには自然でできた奇石がたくさんあって、それが、名所となっているわけです。
朽ちかけた順路に沿って歩いて行きました。

IMG_6009
IMG_6009 posted by (C)barajun

IMG_6011
IMG_6011 posted by (C)barajun

IMG_6021
IMG_6021 posted by (C)barajun

そしてたどり着いたのは、この景色。

IMG_6024
IMG_6024 posted by (C)barajun


ここだったっけ?